ビックマックは3回ウマイ。禁断の食べ方をこっそりお教えします。

FAVO

みなさんマクドナルドはお好きですか。
わたしは大好きです。

太る?身体に悪い?
いいんですよ、たまには。

そんな大好きなマックの看板メニュー「ビックマック」。
我が家では、ちょっと変わった食べ方をしています。

今日はオット直伝の秘密の食べ方を紹介しちゃおうと思います。

まずは、ビックマックがどんなバーガーだったか確認しておきましょう。

はい。美味しそうですね。

写真で確認できるとおり、ビックマックは上から
①パン ②肉 ③レタス ④パン ⑤肉 ⑥チーズ ⑦レタス ⑧パン
の構造になっています。

ふつうに食べても、めちゃんこ美味しいのですが、いかんせん縦に大きくて、口に入れる際にこぼれまくることが、難点といえば難点。それをつぶして食べるのが好き!って方も多そうですが、我が家はこぼさず余さず食べたい派。

そこでオットによって開発されたのが「分解食い」です。
これは、ほとんどこぼさず、3種類の違うバーガーが味わえるという、なんとも優れたアイデアになります。

しかし、ただ闇雲に分解すればよいというわけではありません。
研究を重ねた結果、ベストな分解は、以下のとおりであることが判明しています。

まず最初は、①パン ②肉 のみを食すことで、ハンバーガーもどきをいただきます。
予想どおりの味ですが、ビックマックはパンにゴマふってあるので、ちょっとだけ幸せを感じることができると思います。

次は、③レタス  ④パン をいただきましょう。これは通常マクドナルドには置いてない、サンドウィッチ風の野菜バーガーになります。
味の決め手はオーロラソース。30代も半ばになると、正直この野菜バーガーが1番美味しいのではないかと感じてしまう次第です。

最後に、⑤肉 ⑥チーズ ⑦レタス ⑧パン のチーズバーガーもどきでフィニッシュですね。
こちらも通常では入っていないレタス入りとなるので、お得感満載です。

どうでしょうか、このアイデア。ぜひみなさんにも試してほしい!

しかし、テイクインでひとりで分解して食べるのは、最初はちょっと勇気がいるので注意が必要です。

でも、美味しさに気がついて慣れてしまえば、(残念ながら)他人の視線なんて関係なくなりますので、とりあえず最初は、複数人で挑戦するか、テイクアウトでの体験をおすすめいたします。

さぁみなさん、どうぞお試しあれ。